ご挨拶


 私は『シルバーバーチの霊訓』と出会い、今は「スピリチュアリズム普及会さん」と「関西シルバーバーチ読書会さん」で、『スピリチュアリズム・霊的知識・真理』を学んでいます。


 こちらに本格的に出会ってから9年ほど学んでおりますが、シルバーバーチが説くスピリチュアリズムは、見返りを求めず無償で行う利他愛の実践が真髄となっています。そこでその教えに従い1年半前から、西宮市立夙川公民館「第3集会室」にて、『シルバーバーチの霊訓 & スピリチュアリズム普及会テキスト学習会 初めてのスピリチュアリズムを学ぶ会 』を、開催させて頂いてます。


 この会は名称通り、『初めてスピリチュアリズム入門』をされた方々を対象にしてまして、仮に参加の規定を満たされてなくても歓迎させて頂く用意を、メンバーさん共々に整えてございます。


 ですから、当日にご参加を思い立って「飛び込み」でご来場くださっても、私たちはその方のために一緒になって学習をする申し合わせと専用テキストを作成済みでございまして、当日の会が進行していても、それを中断してシフトさせて頂ける準備はいつでもできているんです。


 この辺が私たちの会の特徴だと自負しておりますが、初めて本格的に「スピリチュアリズム」を学んで頂くわけですから、その対応をするように「お試し」をされた出来事がありました。


 それぞれ違う時期にお二人の方が「飛び込み」で来られまして、一応は対応をさせて頂いたんですが、それは会の名称には遠く及ばないお粗末な内容でして、メンバーさん共々に反省を期したんです。


 そんなこともありましたので、当日の会が進行していても必ず扉は開いておき、新しい方をいつでも受け入れることができるように、必ず専用テキストも用意してお待ちしながらも、自分たちの学習もしている次第でございます。


 さてその学習をさせて頂いてる西宮市立夙川公民館「第3集会室」は、隣接する「夙川公園通り」の自然を部屋一杯に取り入れてる構造になっておりまして、部屋に居ながらもその自然と「調和」し、日中であっても静寂な時(とき)が、ゆっくりと流れているんです。


 それは静かなお寺や神社に行かれたときに、お感じになるものと似ていると思いますが、そこで「スピリチュアリズムからの霊的知識・真理」の勉強が出来ていることに、大変な喜びと感謝の気持ちで一杯になります。


 この空間と流れるときを、私たちは「霊的な時間(とき)」と言っておりますが、まさにその自然と静寂は外的な要因として「霊が肉体よりも優位な状態」、すなわち『霊主肉従』の状態を演出してくれてるのだと思うんです。


 これはお一人で『お祈り』と『シルバーバーチの霊訓』を読まれたときにも、体感されるとは思いますが、“霊的知識・真理を学びたい、霊界主導のスピリチュアリズム運動をもっと知りたい!”と言う純粋な「知識欲」に駆り立てられ、その志を同じくする者同志と触れ合う中で体感されるのとは、また違う『霊主肉従』の状態でございます。


 なぜなら、志を同じくする者と触れ合う場合には、『寛容とpassive(受動的)と調和の精神』が、とても重要になってくるからです。


 それを自然とも調和しながら心掛けて学習をもしていく過程が、一人では決して磨き切れない部分を、補ってくれるところが大いにありまして、月に一度サークル的に集うことに、とても有意義な『魂の研磨』を見いだすことができております。


 こう言ったことも実感しておりますので、私たちは「シルバーバーチ読書会・スピリチュアリズムサークルは、現代の交霊会」だと、教えて頂いております。


 最後にこの『初めてスピリチュアリズムを学ぶ会』を開催するにあたって、最もふさわしいと思うシルバーバーチの言葉をご紹介いたしまして、ご挨拶を終わらせて頂きます。


「交霊会のような場で、霊的な一体化をもとめて過ごす時間が無駄に終わることは決してありません。あなた方が、何か現象が起きないかと辛抱強く待っていることは知っていますが、交霊界としては着々と進展していること理解していただきたいのです。その間に私たち霊界の者との絆が強化され、出席者の霊的感受性は鋭くなっています。


 高次の心霊現象は、出席者の内的な反応、つまり霊性の開発とそれを活用しようとしている力(霊団)によって発現するようになります。
(中略)


 静寂と調和と愛の中で、皆さんの魂は一時も休むことなく開発されています。その速度は遅々としていますが、着実です。各自の内部に宿る大霊(神の分霊)が開発され、進化し、その分だけ神性を発現することが可能になっています。ナザレのイエスがその昔こう言いました

――「二人ないし三人の者が集う所には大霊が祝福を授けてくださる」と。私たちも同じことを述べているのです」
(スピリチュアリズム普及会さん発行『シルバーバーチの教え(下巻)十六章 交霊界についての誤解」より引用)


 基本的に教材は、スピリチュアリズム普及会さん発行の『シルバーバーチの教え 上下巻』と、同じく普及会さん発行の『スピリチュアリズム入門・続スピリチュアリズム入門』の計4冊を使用させて頂きます。


 これらを予め「スピリチュアリズム普及会』さんからご購入くださり、ひと通りお読みになってから足を運んでくださいますと、スムーズに学習会にも馴染んで頂けるかと思います。


 しかしながら『スピリチュアリズム入門・続スピリチュアリズム入門』に関しましては、スピリチュアリズム普及会さんのご厚意により、サイト内で無料にて全文をご覧頂けます。こちらの方をご利用くださいましてお読みになられたなら、『シルバーバーチの教え 上下巻』だけのご持参でもかまいません。


 ただこれらの書籍は一度ご購入くださいますと、諸々の事情で引っ越し等をされましても、全国どこの読書会へ参加されても応用ができるよぅになりますから、ご購入されて愛読されますことをお勧めいたします。


 では万全の態勢を持ってお迎えいたしますので、どぅか私たちと一緒に、楽しくスピリチュアリズムを学んでみてください。

※ご見学&体験学習歓迎


 上記にも書いておりますが、ご見学を兼ねた「飛び込み体験学習」を歓迎いたします。


 教材は持ってないが、どんな内容で勉強しているのか知りたい、教材は持っているが、どんな雰囲気で学習されてるのか覗いてみたいと思われた場合には、会へ正式に参加される前に、一度体験的に学習されても良いかと思います。


 ご用意したレジメをお渡ししますので、私たちと一緒に学習をしてみてください。
                                籔中

会の指針


● 会の目的

 ・各々が『霊的知識・真理』を普及していく

           

     「スピリチュアリズム戦士」になること

● 会の目標

 ・スピリチュアリズムを通して「スピリチュアリズムの思想」を学ぶ

 ・スピリチュアリズムを通して「霊的視野」を養う

 ・スピリチュアリズムを通して「寛容とPassive(受身)」の精神を育む

 ・スピリチュアリズムを通して「摂理(法則)」との調和を育む

 ・スピリチュアリズムを通して「守護霊・背後霊」との絆を強固にする

    


以上が会の指針となります。

開催場所は、兵庫県西宮市立夙川公民館「第3集会室」です。

ご連絡方法


 ・PCアドレス  yabuun@gm.tp1.jp
 
先ずは上記アドレスまでメールをお送りくだされば、返信をさせて頂きます。

 



次回の開催日時
 
 開催日  12月22日(土)
 
 開催場所 西宮市立夙川公民館 「第3集会室」


 開催時間 午後1時半から3時半まで予定(13時までに入室可能)



 こちらの『スピリチュアリズム普及会』さんサイトにて、「シルバーバーチの教え 上下巻」と「スピリチュアリズム入門・続スピリチュアリズム入門」をご購入いただけます。会へご参加を希望される方は、これらの書籍を予めご購入の上、一通りお読みになってからご連絡くださいますよぅ、よろしくお願い申し上げます。

 ただし「スピリチュアリズム入門・続スピリチュアリズム入門」に関しましては、普及会さんのご厚意により、サイト内で無料にて全文観覧ができます。そちらをお読みくださったなら、ご持参いただくのは「シルバーバーチの教え 上下巻」のみでけっこうでございます。

全国で開かれている『シルバーバーチ読書会』です。

スピリチュアリズムの学習が進み、ある程度ご理解できましたなら、

是非、最寄りの読書会へ、ちょっと勇気を出して参加してみてください。