第3回目の開催をいたしました(*^^)v

いつもなら他のお二人のメンバーさんと学習をするんですが、あいにくと今回はお二人ともご都合が悪く、私一人で読書会をいたしました。


会の名称は『初めてスピリチュアリズムを学ぶ会』となっておりますが、この会は間違いなく『シルバーバーチ読書会』でして、他の同志の方々がされてる読書会と何ら変わるものではありません。

しかし会の目的は…


・各々が『正しい霊的知識・真理』を普及する「スピリチュアリズム戦士」になる


でして、そこに向けての目標は…


・スピリチュアリズムを通して、「スピリチュアリズムの思想」を学ぶ

・スピリチュアリズムを通して、「霊的視野」を養う

・スピリチュアリズムを通して、「寛容・受動的」な精神を育む

・スピリチュアリズムを通して、「守護霊・背後霊」との絆を強化する


でございますので、これらを目指して行くためにも、「スピリチュアリズム普及会」さんからの内容を中心に据えて、学習して行く主旨になっております。


ですが、なんせ一人で学習するのは初めてなもんですから、一体どのよぅな内容で自分で勉強したら良いのか、前夜からとても悩んだんですけど、結局のところ、教材にさせて頂いてます『シルバーバーチの教え(上下巻)』の音読に終始いたしました。

しかし普通ならそれで感じたことや思ったことを感想にするんですが、恥ずかしながら、音読したどの章も納得できるものの、違った側面からも思うことがありましたので、それを感想とさせて頂きたいと思います。


さて『シルバーバーチの霊訓』は、どの章のどのページを開いても、必ず今の自分に当てはることや、教訓になることが書かれていると思うんですが、その2行か3行をとって、ブログで発信する文章を書くことは、そぅ難しくないと思いました。


これは現に自分でもやってることなので、何ら問題もないですし、極々自然なことだとも思っております。

でも、私たちの大先輩にあたる方々が編集をされた内容の霊訓が多いので、確かにシルバーバーチが述べた言葉には違いないんですけど、そのときにその場で喋った言葉かどぅか分からないのも現状なんです。ゆえに普及会さんが各部分を項目にして、体系的にまとめてくださってるわけですが、改めて音読をして読むと、ほんとにその難しさが良く分かる気がしたんですねぇ。


例えば私の大好きな『シルバーバーチの教え 四章 スピリチュアリズムが目指す新しい世界』の中で…


「私たちは地上に霊力をもたらします。地上の同志を鼓舞し、導き、心の支えとなります。飢えた魂にエネルギーを注ぎ、病に苦しむ人に癒しを与え、すべての人にインスピレーションと啓示と真理と叡智をもたらします。それが私たちの仕事なのです。」(普及会さん発行『シルバーバーチの教え』より引用)


私の大好きな一節を語っているんですが、これは紛れもない「霊的事実」ですけども、それ以上の知識としては覚える必要のない一節にもなります。シルバーバーチがこの事実を述べて私たちが感じ入ることは「凄い!」だけで十分ですねぇ。


一方、同じ章の中で…


「しかし間違いなく言えることは、新しい世界の種子がすでに地上界に根付いているということです。既得権力の座に安住している者たちがいかなる策を弄しても、それは功を奏さないでしょう。イエスは、「天に為されるが如く地にも為されるであろう」と二千年前に述べています。それが実現しようとしているのです。

 これから地上には、いくつもの大きな変化が生じます。崩壊や多くの大変動があるでしょう。皆さんには暗黒と苦難の時代の到来のように思えるかもしれません。「たいへんな時代になった」と、おっしゃるかもしれません。しかし、そうした変動の背後には、地上界を進化させようとしている大きな力が存在しているのです。」(普及会さん『シルバーバーチの教え』より引用)


と語っておりまして、これは『宗教の観点からみたスピリチュアリズムの全体像』内の項目、「スピリチュアリズム運動は最大の宗教革命」に分類される一節にあたります。


このように比較して、項目に分類される一節を学ぶことが正しいとか間違ってるとかを言いたいのではなく、どちらも「霊的事実」には違いないですけど、「霊的事実」だけのものと、「霊的観点」からシルバーバーチが何を言わんとしてるのかと洞察する必要のある「霊的事実」も語られてることを、私たちは知っておく必要があると思うんです。そしてそれらを体系的に見て学習を積み重ねて行けば、先の「霊的事実」として紹介した――「私たちは地上に霊力をもたらします…」――の意味が、より深く理解できることに繋がると思った次第でございます。


つまりは「スピリチュアリズム運動は最大の宗教革命」と言われる所以は、同じ章の中で関連した「霊的事実」を読みとることで、全地球人口の2人に1人はは必ず信仰している「キリスト教・イスラム教」とはまったく違うのものがスピリチュアリズムであり、遠い将来では、これら既成宗教にとって代わる宗教がスピリチュアリズムであることを、すでにシルバーバーチは80年も前に示唆しているんです。


高級霊界を代表して、自身も高級霊でもあるシルバーバーチがこぅ語っているのですから、私たちは大船に乗ったつもりで安心しながら、思う存分「スピリチュアリズム普及」へ携わって行けます(*^^)v


このよぅに見えてくる、このよぅに思わせてくれるのが、スピリチュアリズムを学んで行く一つの側面だと感じました、一人だけの読書会でしたじゃョ(^.^)


次回は是非、メンバーの方や新しい方と一緒に、このよぅに勉強して行きたいなと思いました。









初めてスピリチュアリズムを学ぶ会 The first time to learn spiritualism

毎月一回、西宮市立夙川公民館にて『初めてスピリチュアリズムを学ぶ会~The first time to learn spiritualism~』を開催しています。 スピリチュアリズム普及会さんから「スピリチュアリズムの教え 上下巻」と「スピリチュアリズム入門・続スピリチュアリズム入門」を購入して読まれてる方なら、どなたでも無料でご参加頂けます。