2017.11月の読書会を行いました(^.^)

今回はメンバーさんがご用事でお休みでしたので、私一人で行いました。

こぅ言うと-“独りでやる意義はあるのか?…”ーと思いになられるかも知れませんが、私がお世話になってます『関西SB読書会・名古屋SB読書会』さんも、初めは1人っきりで開催されていたんです(^.^)


これは私が思うことなんですが、『シルバーバーチ読書会』は先ず第一に、必ず継続されることが大事でして、途中で辞めるといぅことはあってはならないと考えます。

なぜなら、やはり開催するに至っては霊界側の援助も受けていますから、自分の都合で辞めてしまうといぅのは、大きな期待と責任から逃げることになります。これは『霊的知識・真理』をお話しするブログでもそぅだと思うんですが、スピリチュアリズムに関わることはすべて、“やってみたい!”ーと思う動機の裏側では、守護霊さんや背後霊さんが尽力をされていると考えるほうが、正しい理解に基づいていると思うからなんです。


ですから例え一人で行うことになっても、決めたその日の時間と場所でするべきなんですねぇ(*^^)v


“じゃ独りなら、独りなりのことはあるんか?”-いや正直、まったく分かりません(笑)

行く道中の電車の中では『霊訓』を読んでいたんですが、いざ一人で始めますと、急激に睡魔が襲って参りまして、音読をしてる最中に眠ってしまいました…

これが褒められることではないと分かっていますが、とにかく猛烈な睡魔だったので、負けてしまった次第でございます。気が付けば30分ほど経っておりましたが、いったん気を取り直した後に今度は違う章を読み終え、それで会を締め括ることにいたしました。


こんな感じでしたので、まったく内容が印象に残ってないんです(笑)


“それじゃ独りでやっても、意味がないじゃないか?”-ですが、“それがどぅしたん?”-です(^.^)

動物本能が混じっている五感しか使われない身体を用いて、お金が絶対的な価値を持つ物質界で四苦八苦しながら、それでも霊的な大義をしっかり見つめ、それなりに努力をしております。


そんな地上界で、平坦な日々だけを送れるはずがないじゃないですか?(笑)

こんな日もあれば、あんな日もある。こんなこともあったら、あんなこともあった。けど今日は何にもなかった。これらが『摂理』と絡まってランダムにやってくるのが地上界です。


身体も五感もとっぱられた霊性で居られる『霊界』ならば、物事を予知することも可能ですから、思わぬことがやってくることは少ないと思いますけど、ここは生身の人間界であって物質界なので、予期せぬことや予想もしないこと、何の価値もなかったことや嘘だと思えることがやってきます。


私なんかそれがしょっちゅ~来ますから、いちいち覚えておられませんょ…

ほな月一の読書会も毎月してますから、この『摂理(法則)』の枠の中でございます。


でもでも…それは私が知らないだけなんかも知れません。

皆さんの人生も私の人生も細かく一日単位のグラフで見ていくと、ひょっとしたら上がったり下がったりしながら、右肩上がりに今の年齢を重ねて行ってるかもですょねぇ?(^.^)


先ほどホンの2時間ぐらい前に、先住猫たちとは別にしていた3匹目の子が、自分の意思で二匹がいる居間のほうにやってきたんです。自分で来たのにしばらくは戸惑って鳴いておりましたけど、今は何もなかったよぅに寝ているんです(笑)


これも一日の間のたった2時間の出来事です。こんなん夜になったら、まるで昨日のことのよぅに思えてしまいます。

私もこの2時間の間に、この子が根城にしているボックスを移動させましたし、トイレも餌も水もこちら側に持ってきました。この子は何でやと思いながらも鳴いておったんですが、今はぐっすり寝ております(^.^)


こんな風に見ていくと、時間の観念ってええ加減やなと思っちまいますねぇ(笑)

私たちは勝手が良いよぅに1年365日と1日24時間に区切っておりますが、その知識も観念もない彼女たち(3匹ともメスです)を見ていると、3匹がそれぞれの事情でここで暮らす共通意識が芽生えた瞬間だったにもかかわらず、今は何事もなかったよぅに3匹は各自でくつろいでおります。

私にすればさっきの2時間はどぅなるかドキドキやったんですが、彼女たちは、特に先住猫の二匹は何事もなかったよぅに寝たりボーとしたりしてるんです(笑)


実はこれは何も3匹だけのことじゃなくて、私たちも同じよぅに言えるんじゃないでしょうか。

私も昔はとんでもない責任があった仕事をしておりまして、休みでもそれから離れることはできなかったんですが、やっぱし一日に一つは、何かあればない日もあるを繰り返しておりました。そぅして経験を重ねながら歳を取ってきたんですけど、これは時間の量りに掛けるもんじゃないなと思うんですょねぇ(^.^)


“意義や意味はあるのか・何かあるのか”ーの問いは結果を求めてるからです。

この『読書会』だけで見るなら一日の結果を求めています。


“いや、そこじゃないんだょ?…一日の結果じゃないんだょ?”ーといぅのが、「成長」ではないでしょうか。だって自分の意思で自分たちの部屋にやって来たチビを、完全に受け入れてやったのは一瞬の出来事だったので、それまでの下準備はあったにせよ、彼女たちにすればとんでもない寛容になるはずです。また、その中に自分の意思で入ってくるのも、かなりの勇気がいったでしょう。


でもお互いに仲間意識が発生したから、たった一瞬で溶け込むことができたんですねぇ(^.^)


私は正直、独りであってもこんな読書会はダメだなと初めは思いましたが、なんのこっちゃない、

その日はこぅならなアカン・こぅ言う結果がでなアカンと思い込んでいたんですねぇ(笑)


“いやそぅじゃない、とんでもない寛容も一瞬の出来事やから、そんな日があっても良いんや。”

“ほんでそれはお前さんが知らないだけで、3匹と同じよぅに経験は積んでるんやで。”


これが今回の『読書会』の内容と言ったら、皆さんに怒られちゃいますかねぇ?(^.^)


とまぁ、まともにできなかったことへの言い訳をしてるよぅですが、相変わらず帰りの道中では、身体と精神は別のよぅな感覚になっておりました(*^^)v


それとどぅいうても守護霊さんとは一緒だったので、正式にいぅと一人の読書会ではないんです。

寒かったので強烈にヘルニア痛になっておりましたが、何とか予定通り行って帰って来ることができましたので、これだけでも良かったと思っておりますし、帰って来てからも精神的な部分では、かなり充実感を持つことができております。


もしほんとに読書会に結果を求めるなら、これが答えだと言えると思いましたねぇ(*^^)v


とにかく何もなかったと思えても、振り返って見ればなんかあったっていぅのが『シルバーバーチ読書会』の特徴でございます。これはどこの『読書会』へ参加されてそぅなってきますので...


是非とも、『夙川公民館 第3集会室』のドアをノックしてみてやってくださいませ<(_ _)>


私たちはいつでも、皆さんを歓迎いたします(*^^)v

初めてスピリチュアリズムを学ぶ会

毎月一回、西宮市立夙川公民館にて『シルバーバーチの霊訓 & スピリチュアリズム普及会テキストの学習会 初めてスピリチュアリズムを学ぶ会』を開催しています。 スピリチュアリズム普及会さんから「スピリチュアリズムの教え 上下巻」と「スピリチュアリズム入門・続スピリチュアリズム入門」を購入して読まれてる方なら、どなたでも無料でご参加頂けます。