2018.7月の感想

例年なら〝よぅ~やく梅雨も明けて、夏本番になってきましたねぇ~!〟とご挨拶をするところですが、皆さんもご承知の通り、今年はほんとに異常に暑くて早い夏が来ております。

またそれに合わせて異常気象にもなってまして、豪雨による大きな水害も発生しており、もぅ200人以上の方が犠牲になられています。

まだこれからも台風が発生することを思うと、この大水害は決して「対岸の火事」ではなく、次は自分たちの地域が被害を受けるかも知れないと言う用心を、されるべきだと思いました。

「死」は決して悲劇ではありませんが、霊的に見た寿命があったにせよ、心の準備ができないままに旅立たれなくても良かったかもと思うと、やはり災害には普段からも備えて頂くのがベストじゃないかなと思う所存でございます<(_ _)>


どぅか皆さまも、お気を付けくださいますことをお願い申し上げます<(_ _)>


さて、『7月のシルバーバーチ読書会』を開催して参りました(^.^)

今回は『関西SB読書会』さんでも取り上げてはりました『祈りの実習』について、わが読書会でも学習項目にしようと思い、『シルバーバーチの教え(上)七章 正しい祈りとは』と、普及会さんからの「スピリチュアリズムの思想[Ⅲ] 7.祈りの実践 (1)祈りの霊的意義と本質」をそれぞれ音読学習をいたして参りました。


早速ですが、各自の感想をご覧くださいませ<(_ _)>


(メンバー様)

「すべての時を祈りで満たす」

祈りについて学んだが、これは特に地上人にとって重要なことであることがわかる。

地上人は霊的盲目に陥っているからである。

霊界人も祈るだろうが、あまりにも当然のこと、ありきたりなことなので、特別祈っているという意識なしで祈るのではないだろうか。

いつでもどこでも大霊の力が感じられて、何もかもが大霊の摂理にしたがって起こることを悟っているわけだから、必然日常のすべてが祈りと共にあるだろう。 

振り返って地上人は困ったときにしか神を意識しないから、祈りというのが特別な行為に感じられる。しかしわたしたちスピリチュアリストを自ら任じる者はそれではだめでしょう。

霊界人と同じように日常の生活のすべてが祈りと共にあるべきだし、その祈りの内容も、ああしてほしいこうしてほしいなどではなく、摂理に沿った祈り、地上天国化、新しい時代の招来のために役立たせてくださいという祈りにならなければウソじゃないだろうか。 

と私は思う。 


(藪中)

今回は『教え(上)七章 正しい祈りとは」と、普及会さんからの「スピリチュアリズムの思想Ⅲ 7.祈りの実践 (1)祈りの霊的意義と本質」を、音読学習したしました。

どちらにも「祈りは霊的成長の手段の一つであって、それだけで成長が伴うものではない!」――と言った内容を深々と掘り下げて、まとめてあったと思いました。

〝じゃ、自分はこの祈りの実践をやっているのか?〟

〝霊的な親様でもある神に祈りをしているのか?〟

ここを省みることにもなったんですが……

これまで自分はどちらかと言うと、守護霊さんに語りかける場合が多く、天の親様にはあくまで「霊界の道具として使ってください!」を主として祈っておりました。

守護霊さんは天の親様の「親代わり」として、自分たちを見守ってくださってると学習してますので、もっぱら守護霊さんに語りかけるときが多くなったんですが、一昨日・昨年と立て続けに実の両親が旅立たれてからは、〝グッ!〟と天の親様が「本当の親」であることの実感がしてなりません。

ですので今は、守護霊さんに語りかけるのと同じぐらいに、天の親様にもよく語りかけています。

ただその内容は仰々しいものではなく、ごくごく普通に話しかける感じです。

「今日はこんなことがあって、こんな風に思ったんやけど、それは正しいんかなぁ~?」

見たいな感じの、ほんとにそばに居る親に相談をしてるように話しかけます。

その中で「守護霊さんはどぅ思う?」と振ったりしますので、自分の周りに親と兄が居て、会話をしている感じでもあります。

これは意識をせずとも、自然とそぅしてしまっているんですが、その中でキッチリ返答を頂いているよぅにも感じます。

もしこれも「祈り的」と見てくださるならば、そんな日々の中で読書会もブログもさせて頂いていることに、やはり感謝をしたいと思いました。


以上が今回の感想文なんですが、毎回思いつつも今回もメンバーさんと感じ入るところがあったのは、学習を始めて帰路に着くまでにたった2時間ほどなんですが、とても濃縮な時間でございました。

学んだ限りでは「霊界の一日は地上の一年ほどに相当する!」なんですが、と同時に霊界では時間の感覚がないとも習っております。これは『関西SB読書会』さんでも感じることなんですけど、自分たちが感じているのは、もっと長い時間なんですねぇ(^.^)

でも実際はたった2時間ほどです。

帰り支度も含めてなんで、実質のところは1時間半ほどですか(笑)

「霊界」では肉体がないですから、尚更に長いとか短いとかは感じないんでしょうが、それらを地上でも共有しながら体験できるって、とても素晴らしいことなんじゃないかなと思いました(*^^)v


今回もご覧くださいまして、ありがとうございます<(_ _)>

こぅした学習内容をいたしておりますので、「私もやってみたい!」と思ってくださるならば、是非ともご参加のご連絡をくださいますよぅ、お願い申しあげます<(_ _)>


心よりお待ちしております……


初めてスピリチュアリズムを学ぶ会 The first time to learn spiritualism

毎月一回、西宮市立夙川公民館にて『初めてスピリチュアリズムを学ぶ会~The first time to learn spiritualism~』を開催しています。 スピリチュアリズム普及会さんから「スピリチュアリズムの教え 上下巻」と「スピリチュアリズム入門・続スピリチュアリズム入門」を購入して読まれてる方なら、どなたでも無料でご参加頂けます。