2018.10月の読書会感想

 今月は月末の27日(土)が読書会だったんですが、準備のことを考えると、月末も悪くないなと思いました(^.^)

 自分は『関西SB読書会』さんへも参加させて頂いてるので、月2回、霊的な活動をしております。

ただどちらも気持ちの準備と言うか心構えと言うか、普段は愛猫たちに振り回され、独り身のクセにけっこうなんやかんやと時間を過ごしているもんですから、割と「肉主霊従」になりがちなんですねぇ~……(・・;)

でも、なんやかんやと言うのはブログでございます。

 皆さんも知ってはるかと思いますが、本ブログ・セカンドブログともにイラストを用いりまして、

端的に読み易いよぅに工夫をしておるんですが、結局のところ「文才」がないもんですから、それを補うためにもそぅしているんです(笑)

 「文才」があったら、そんなことをワザワザしなくてもいいんですが、以前の文章だけの場合ですと、ほんとにエネルギーを使っちゃうもんで、綴り終わるとヘトヘトになっておりました。

 まぁそれが分散できるよぅになったんですが、その分、更新は遅くなります。

遅くなると、初めの「伝えたいこと」が変わってくるもんですから、その度に見直しの作業もするハメにもなってしまいます(>_<)

 けど、毎日それに取りかかることで、自分なりに充実した日々を送るよぅになっておりまして、

その中でも最大のイベントが先の2つの読書会でございます<(_ _)>

 ただし自分のほうは、必ず現地に行って2カ月先の予約と料金の支払いをせなあきませんので、

それも合わすと月に3回は遠出をすることになりますが、これも月単位で見た場合の生活の一部となっておるのは間違いありません(笑)

 こりゃもぅ、与えられた時間で与えられた課題でもあると、自分なりに「甘受」させてもらってますが、皆さんは何か、そんな風に思うことってありますでしょうか?(^.^)

今回も、そんな中での物的準備と精神的準備をした読書会だったんですが……

 今回はどぅ言うわけか、「闘いに行く」よぅな心境で挑んでおりました(笑)

ただ誰に対する闘いなのかは分からなかったんですが、でもおそらく、自分自身に対する闘う気持ちだったんじゃないかなと思います。

何のために、誰のために、SB読書会をするのか?……

 この目標と目的意識が明解でないと、闘いに負けちゃうかも知れませんねぇ~……

いや今回は、変な前置きになってしまいました(>_<)

 では、各自の感想をお読みくださいませ<(_ _)>

今回の学習項目は、『シルバーバーチの教え(下)』(二十章 スピリチュアリズムの第一線で働く人々への励ましのメッセージ)と、『ニューズレター30号』(良きスピリチュアリストになるためには、まず何から始めたらよいか)を、音読学習いたしました(*^^)v


(メンバーさん)

  最高に価値ある、最も崇高な生き方

それは霊的真理、すなわち真理を地上に普及させるために一生を捧げた人の生き方のことです。  

そのような生き方、つまり絶対最高の人生を送りたくはないですか?送りたいでしょう?

たった一度きりの人生、せっかく生きるのなら最高を目指さなくてどうします?  

ただ、そんな生き方をするためには当然下準備が必要です。

詳しくは霊訓に当たっていただくとして、ここではそのための心構えを端的にお示しさせていただきましょう。 

「心に愛を、頭(こうべ)に知識を、そして魂に奉仕の決意を満たしてください。そうすれば大霊の意思があなた方を通して顕現し、その心が大霊の心と調和して鼓動し、大霊と一体となることでしょう。」(「シルバーバーチの教え」20章97頁)  

佳き知らせを告げ知らせる人の歩みはなんと麗しいことでしょう。 


(藪中)

今回は『教え(下)』(二十章 スピリチュアリズムの第一線で働く人々への励ましのメッセージ)と、『ニューズレター30号』(良きスピリチュアリストになるためには、まず何から始めたらよいか)を、音読学習いたしました。

この2つの学習項目は、一見すると、余り関係がないよぅに思われるかも知れませんが、続けて両方を音読すると、“今の自分たちは必ず学んでおくべきだ!”と言った、思いにさせられました。

“何のために、誰のために、どんな動機で、何をするか?……”

これらを真剣に受け止めて、真剣に取り組んでいく姿勢が、ほんとに問われているんだなと、痛感するばかりです。

そしてそれは、何もブログで発信する、月一は必ず読書会をする以外に、普段の生活の中にも求められ、「人に伝える前に、まずは自分から正す!」ことの大切さを、教えてくださったよぅにも思いました。

実は自分の本ブログで『ニューズレター30号』は、学習をしたばかりだったのですが、改めて復習をしてみると、ますます自分の目的・動機を正すこと、日常においても霊主肉従の努力をすることが、

本当に探究する義務もあるように感じました。

幸い今は、日々のブログ発信と、読書会を中心に据えた生活を送らさせて頂いてます。

これを継続していくこいとで、もっと自分が鍛錬できればと思うばかりです。


以上が、今回の各自の感想でございます(^.^)

今回も勿論、皆さんの心をノックできればと思う気持ちで各自綴っておりますが、

やっぱり学習内容は入ってきますねぇ~(*^^)v

“絶対にどこか、右から左へ流れてるゎ!”と思いつつも、こと日常生活にも言及された内容になると、知らず知らずのうちに「実践」をしてるよぅな気がいたします。

そぅ振り向くと、前置きで言いました「闘いを挑む!」って、あんがい、間違いじゃないかもって思えますねぇ~(*^^)v


今回もここまでご覧くださいまして、ありがとうございました<(_ _)>

初めてスピリチュアリズムを学ぶ会

毎月一回、西宮市立夙川公民館にて『シルバーバーチの霊訓 & スピリチュアリズム普及会テキストの学習会 初めてスピリチュアリズムを学ぶ会』を開催しています。 スピリチュアリズム普及会さんから「スピリチュアリズムの教え 上下巻」と「スピリチュアリズム入門・続スピリチュアリズム入門」を購入して読まれてる方なら、どなたでも無料でご参加頂けます。